2021年12月 販促カレンダー

ブラックフライデー商戦 → 歳末商戦

◆需要予測のヒントと販促のポイント

12月はクリスマス、大掃除、正月準備と消費拡大の期待の高いセールテーマが目白押し。
コロナ禍にあっても12月の消費は年間第1位(家計調査 2020年1月~12月)
冬のボーナス支給による消費拡大は期待薄であるため、生活者の可処分所得の漸減が本年の懸念材料。


◆年越し&大掃除

大掃除のついでにDIYで我が家の補修と防災対策。
掃除代行や、保管サービスの利用で時間と空間の有効活用を促進。
大掃除の日の食事は簡便メニューやデリバリーを活用。

◆正月準備

おせち、年末年始のごちそう食材の販売はネット連動による予約受注がトレンド。
大晦日を待つことなく早々に売上を確定したい正月の個食対策(おせちやごちそうに飽きる、お一人さま向け)で顧客シェアを拡大。
⇒ ストック食品の品揃え強化(冷凍食品、インスタント、レトルト)

◆冬の暮らしを楽しむ ― 鍋、ウインタースポーツ・レジャー、冬のファッション


12月はクリスマスや年越しのイベントに便乗した販促各活動が必須です。ポスティングを使って需要を喚起するチラシをご家庭に配りましょう。

新聞をとっていないご家庭に向けてのポスティング「関西plus(関西プラス)」も、新聞折込とセットでご依頼いただくことで、低価格でご利用いただけます!

コロナ渦ではエリアを特定した身近な販促活動としてポスティングが有効です。


ダウンロードは下記より

2021年12月販促カレンダー(PDF)

バックナンバー一覧

投稿を共有